電気の節約術は皆が知っていることを実践するだけでOKです

中古住宅の節約術は自社物件

電気の節約術は皆が知っていることを実践するだけでOKです 住宅や土地を売却するとき、不動産会社に依頼します。不動産会社が相場などを教えてくれますから、それに応じて売却先を見つけるのがいいのでしょう。しかし人によってはもっと高い価格で売却したいと考える場合があります。そのときは不動産会社がそれに応じてはくれます。しかし売却はしにくいです。結局売れないため、仕方なく不動産会社に売却することがあります。この時の価格は市場価格よりも更に低い価格のことが多いようです。

中古住宅を買う側からすると、個人から購入するケースと、不動産会社の自社物件を購入するケースがあることになります。購入金額の節約術としては、不動産会社の自社物件を選んだほうがいいと言われます。個人から購入する場合、不動産会社は仲介の役割をします。そのために仲介手数料が発生するのです。これは購入者が負担します。購入金額に仲介手数料を加算した金額を支払わなければいけません。購入金額も大きいので数十万から数百万のこともあります。

自社物件の場合は不動産会社は仲介ではなく売主です。そのため仲介手数料は発生しません。その分は購入時にしっかりと得ているのです。購入者は仲介手数料の負担をすることなく購入することができるのです。

Recommend

Copyright (C)2017電気の節約術は皆が知っていることを実践するだけでOKです.All rights reserved.